どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

コツツボの中……

札幌、洞爺湖は晴天。

北海道らしい、カラッとしたお天気。


レイちゃんと一緒に、ヒデちゃんの分身君に逢って来た。


レイちゃんって、いろんなものが視える人。

そのレイちゃんが、ヒデちゃんのイコツを見ようって…

コツツボの中に、水が溜まることもあるらしいから、見ようって…

溜まってたら、拭き取ってあげなきゃね…ヒデちゃんが溺れちゃうもんね。


で、丁寧にゆっくり、手を合わせながら、開けて見た。

そしたらね、レイちゃん、声が聞こえるって…

近くのノウコツドウから、自分も開けて欲しいって言ってるって。

レイちゃんの話だと、閉じ込められてるから、開けて欲しいんだって。


私には何も聞こえないけど、ラップ音?みたいなものは、聞こえた。

レイちゃん、見えすぎたり聞こえすぎたりするから、人混みはキライって。。

そりゃ〜そうだよね。。。

精神がまいっちゃうね。


で、コツツボの中に水は溜まってなかった。

少し黄色くなってたり、ピンク色の部分があったり、あの時のまま。

他はきれいなもの。


ご家族は、きっと、コツツボを開けてないんだろうなぁ。。

カソウ証明書も一緒に包まれてた。



イコツ、持ち帰らなかったよ。

ヒデちゃんの体、バラバラになったら困るもんね。

想い出がいっぱいあるから、イコツはいらない。

ちょっと、強がり……かな。


今日はレイちゃんと行けて良かった。

ヒデちゃんの話をいっぱいしたし、笑ったよ。


ヒデちゃんも聞いてたでしょ?

暗い。

もう、今日…

ヒデちゃんの月命日。

明日は洞爺湖の分身君に逢いにいく日。


逢いたいけど、

逢うと…対面すると、現実になっちゃう。


現実なんだけど、わかっちゃいるんだけど、目の前に突きつけられる感じ。


逢いたいんだけど、逢いたくない…

何だろう…

このモヤモヤ…


ここ最近、なんだかおかしい…

前が見えてない

先が見えない

暗い



暗いよ

ヒデちゃん、灯りをちょうだい。。。

腹黒い…ドス黒い…私。

もう1人の私…腹黒い自分がいる。


ヒデちゃんが消えたのは、あいつのせい!

ヒデちゃんがこうなったのは、あいつのせい!


誰かを悪者にしたい自分がいる。


でも、結局、私が1番悪い。

ヒデちゃんを、真っ正面から愛してあげなかった…

世間体ばかりを気にして、ヒデちゃんに我慢させた…


でも、でも、本当にヒデちゃんを愛してたのか…疑問になる。

私は、愛を知ってるのか…それすら、疑問なる。


私がヒデちゃんを愛し抜いていたら、きっと、今、こんなに後悔しなかった。


こんな自分が嫌で仕方がない…

誤ることすら…愛し続けることすら、出来ない。

ヒデちゃんがいない…



ヒデちゃんを失って初めて、自分の気持ちに気づいたこともたくさんある。



今までの表面上の私は、偽善者。


でも、今は、、、

黒い、ドス黒い心を持つ私がいる。



あの人さえ、

アイツさえ、、、