どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

愛おしくて、切ない

ヒデちゃんの親友君から電話があったよ。


昨日の月命日、ヒデちゃんの眠る洞爺湖に行ったの?って。。

仕事が重なったりで行けなかった事を伝えたよ。

親友君は、先月の命日の時、来月は行かない方がいいって言ってくれてたの。

雪道の峠越えは危ないからと心配してくれてさ。

有難いことだよね。

ヒデちゃんが大好きだった親友君、いい人だね。

私も良い人だと思うよ。


でも、親友君を私に会わせたくなかったの?

やきもち?

ヒデちゃん、変なとこで自信無くしたり、グレちゃったりしてたね。

「私には、ヒデちゃんだけだよ」って言ったら、

ヒデちゃん、「うん。」って。

「まるで、子供の会話だよ!」って笑ったね。


私は自分に自信もないし、年齢のこともあったから、何かあったら引くって決めてた分、

ヒデちゃんには、私が余裕があるように見えてたのかもね。

真逆なんだけどね。



今日ね、ふっと思ったの。

ヒデちゃんと私、前世は親子だったのかも ?

だってね、私、ヒデちゃんのこと、ずーっと、愛おしい!

愛おしくて、愛おしくて、仕方ない!

好きを超越してる感じだよ。


狂おしいくらい愛おしいって、このことだと思う。

想えば、思うほど、切なくなる。




ヒデちゃんだけを思って生きてるよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。