どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

最近、ずーっと、落ち着きがないなぁ…私。

今日は、ずーっと心がざわざわ…

何だか落ち着かない。


去年の今日、今頃…って、考えてしまう

ヒデちゃんの命が彷徨ってるとき…


午後、あの社長からの電話で、「ヒデが大変なことになった。」

すぐ病院に行きたかったけど、面会時間やら何やらで、一人で行っても会えない…と。


社長を迎えに行き、詳しいことを聞きながら、ICUに…

時間外ってことと、身内じゃないのでってことで断られた。


ここで、あの社長。

「身内に連絡が取れるまで、俺が身元引受人になる」って手続きを始めた。

私、少し見直したんだよ〜。


で、19時の面会に1人で行った。

社長には、「しばらく会わない方がいいぞ。頭や顔が腫れてるから、見ない方がいいぞ。」って言われてた。

身内じゃないから面会出来なくても、近くに…側に行きたかった。

でも、あの社長が病院に、「ヒデに会いに来た人は、面会させて!」って言ってくれたらしく、

私は奇跡的に逢うことが出来た。


社長の言ってたことが分かった。

一瞬、誰だかわからなかった…顔も頭も…目も…

いろんな器材や器具が装着されて?繋がれてて、どうなるんだろう?って思った。

体は、無傷。

私の知ってる筋肉質な腕や細い体に足。

でも、首から上は、誰のものだろう…倍以上に腫れた頭、顔、目は出てる。


ショックではあったけど、生きててくれてありがとう!って感情が湧き出た。

首から上は、大変なことになってるけど、手足をバタつかせていた。

「生きてるよー!」って、力強く言ってるみたいだった。


ICUの看護師さんの説明は、

「命は助かりました。これからは、脳の腫れの状況をみて、脳を眠らせます。」

「目を覚ますと、本人が痛みを伴うので。」って教えてくれた。

ヒデちゃんの病歴や、現在の治療状況や性格みたいなことを聞かれた。


ヒデちゃんのことは、何でもかんでもかなり把握してるつもり。

何でも聞いて下さい!って看護師さんに言いたかった。



ここに来て、ブログ書いてると、すごく近くにヒデちゃんがいる気がする。

上の内容、ヒデちゃん知らないでしょう?

これ読んで「ふぅ〜ん、そうだったの?俺のこと?」って言ってるんじゃない?


逢って話がしたいなぁ。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。