どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

溢れるくらい愛したい。

ここ札幌は、ツルツル路面。

歩くのも怖い…運転も怖い…

今日は、事務処理をしようと決め、銀行以外は外に出ず。。。


朝、目覚めて、真っ先に思うことは、ヒデちゃんのこと。

あれから、ずーっと、毎朝、ヒデちゃんがいない現実を思い知らされる。

毎日、朝が…朝が1番ツライ。。。


「ヒデちゃん、おはようだよ!」と、呟き起き上がる。


写真のヒデちゃん、祖父母の写真、歴代のニャンコ達の写真、

みなさんに「おはようございます。今日も1日、よろしくお願いします。」

と、ご挨拶。

もちろん、誰も、お返事はしてくれないけどね。


多分、私が死ぬまでの日課だろうね。


私の心の奥では、なかなか、ヒデちゃんのいない現実は受け止められない。

でも、表面上は、理解できてるんだよ。


私の実家の隣は、お寺。

住職さん一家とは、仲良し。

若住職とは、幼馴染。

お葬式があったり、法要があったり、月1回のお参りだったり、

保育園が併設してあったので、私はそこの保育園に通ってた。

私の幼少期は、子供が多かったのもあり、お寺で夏祭りに秋祭り、いろんなイベントがあった気がする。


お寺とは、すごく身近な存在だった。

幼少期から、「生あるものは、いつかは死ぬ」「出会いがあれば、いつかは別れがある」

みたいなことを、ずーっと住職さんや親に埋め込まれていたと思う。

ペットを飼う時も、「可愛い可愛いだけでは、飼えない。いつかは死ぬ、その覚悟はあるのか?」

そうやって、ペットを飼ってきた。。

精一杯お世話をし、過保護すぎるくらい、可愛がってしまう。

お見送りの時は、すごく悲しいけど、ペットを飼う時に覚悟をして飼ってるので、ペットロスにはならなかった。

犬も猫もウサギも魚も鳥も飼ってたけど、人間と寿命が違うから、ある程度の覚悟は出来る。


でも、人は?

自分の周りの年上の人から順番に…って思ってた。

最初は、祖父母であったり、近所のおじちゃんおばあちゃんだったり、おじさんおばさん…親…

みたいなことを勝手に思い込んでた。

でも、先に生まれた順番じゃない。

この世に生を受けた時に、死ぬ時期は決まってるんだろうね。

事故も病気も不慮の事故も…生を全うする人も。


ヒデちゃんも、きっと決まってたんだろうね。


この世で、私たちが出逢った意味もあったはず。


次に繋げるための出逢いだったのかも。

次に出逢う時は、ずーっと一緒にいられるかも!


私は恋人じゃなく、ヒデちゃんの親になりたいよ。

ヒデちゃんに愛情いっぱいあげたい。

溢れるくらい愛したい。

親子は何があっても、親子だもんね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。