どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

日曜日………

目を背けたくなる光景がいっぱいな日曜日。


やっと、終わる。


外に出なきゃ、世間の幸せは見えないんだけど…家にいると気持ちが重くなる。。


どちらにせよ、心はいつもヒデちゃんに向かってるんだよね。

いつもヒデちゃん探してる…

いつもヒデちゃんとの想い出が浮かぶ…

いつもヒデちゃんからのメッセージ探してる…


よくさ、「普通が1番!」って言ってたヒデちゃんだけど、最期の最期、「普通」じゃなかったよね。


私の介護をして、私の最期を見送ってくれるって。

これが、それが普通だと思ってたのに。。。


一緒に目覚めて、一緒にご飯作って、食べて、一緒に出掛けてってのが普通でイイ!って。


2人で、ハンバーグ作ろうって話になって、スーパー行ったよね。

この肉がイイとか、この野菜がイイとか、このスパイスいいよね〜って話ししながら、

ゆっくりスーパー回ってさ、楽しかったよね。

で、私が助手で、一緒にハンバーグ作って、食べたよね。


ヒデちゃんの食材の買い出し行ったり、

いろんなスーパー行ったり、市場行ったり、いろんなもの作ったね。

こんなささやかなことだけど、ヒデちゃんは普通でイイって、いつも笑って言ってたね。


私たちさ、本当に普通のカップルがするようなことしかしてなかった。

ただ、短期間でいっぱい色んな話してたし、いろんなとこ行ったし、色んなことしたし、

密度の濃い時間過ごしてたよね。


ヒデちゃん飲んで帰ってきた時は、必ず、電話で起こされる。

私、いっつも寝不足で、「安眠妨害で殺される!」って言って怒ってたら、

「俺んとこで寝ればいいじゃん。一緒に寝よう。」って。

どんなに酔っ払ってても、必ず、電話してきて、「一緒に寝よう。」って。

人恋しいのか…人肌恋しいのか…

一回ぎゅーって抱きしめて、パタンと寝ちゃう。。。

安心したんだろうね〜

まったく、子供なんだから!


今想えば、いろんなことが、生き急いでる感じがする。

少しでも一緒にいないと、寂しかったんだろうね。

今なら、わかる気がするよ。


だって、今は、私が淋しい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。