どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

独立…起業。

あの子たち、どうしてるんだろう?


ヒデちゃんの同僚たち。


よく一緒の飲みに行ったり、ヒデちゃん家で飲んだりして、楽しそうだったよね。

後輩の子の相談にのったりしてさ。

あの社長に、みんな嫌気がさしてる時、「ヒデさん、独立して下さいよ。付いて来ます!」って言われて、

嬉しそうだったよね。

でも、そのあと、本当に真剣に悩んでたね。


ヒデちゃんに、「あの人たち2人の人生、背負える? 自信ある?」って聞いた時に、

「仕事は取れる。キンちゃんがいるから大丈夫!」って。

そんな答えでは、無理だよ。


私がいろいろ調べた結果、5,000万ってお金が必要。

危険な作業をする仕事だから、事故や怪我をした時のことまで考えないといけない。

保健や補償や、最悪の想定をしておかないといけない。

人を雇用するのか、派遣なのか。

いろんなことを考えて、考えて、これでもかってくらい考えないとダメ。


自分一人なら、どうにでもなる。

人を雇用して、危険な作業をさせて事故になった場合のことを考えると、怖い。

だから私、あの時、背中押してあげなかった。


それに、ヒデちゃんって人は、親分肌で人は付いてくるけど、経営者向きではない。

ちなみに、数字には弱い…。

現場でのトップにはなれても、会社のトップは難しい。

だから、ナンバー2がいいよ。


って、最終的に、結論出したのは私だよね。

そこまで言いたくなかったけど、ヒデちゃん、周りに頼られて乗せられて、ちょっと気持ちが大きくなってた。


お付き合いしてようが、友達であろうが、同じことを言ったと思う。


何かを始める時、リスクは付き物だけど、この仕事は事故が付き物で危険が過ぎる。


ヒデちゃん、「キンちゃんがそう言うなら、止める。」って。。。

ホッとした反面、折角、男になろうとしてるヒデちゃんの気力を奪ったのかと、私が自己嫌悪。


この時、ヒデちゃんが起業してたら、消えることなかったのかも…

私が寿命縮めたのかも…


やっぱり、私と出会わなければ、ヒデちゃん、消えなくてすんだんだよね。。。

私、ヒデちゃんの邪魔ばかりしてたんじゃない?


ごめんね。

考えれば考えるほど、私が原因かもって思える。

ヒデちゃん、ごめん…ごめんね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。