どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

父の教え、「一度はチャレンジ」

昨日は、父の病院に行き、身の回りのお世話。

父は、管が取れたこともあり、上機嫌。

病院着を脱ぎ、お着替えを始めた………「ちょっと家に帰る!」って。。。

「先生に聞いたの?外出していいの?1月中旬に外出出来るって聞いてるよー。まだ、無理だと思うよ。」って、私。

「ちょっとだけだからいいんだ!」って、勝手な言い分の父。

あー始まった!言い出したら聞かない父。


「看護師さんに聞いて、いいって言ったらね。」って言うと、にこにこ顔。

看護師さんは医者に確認をしてくれて、「まだダメ…まだ、外出は無理ですよ。」って。。

父はふてくさり、イライラモード全開。

めんどくさくなる前に退散。


で、実家にお泊り。

雪がぼこぼこ降って、一晩で30センチの積雪☃️ 今朝は重機に乗って除雪。

父の留守の間、ご近所の人が重機で除雪してくれてるんだけど、今朝は私。

ご近所の人は、重機で除雪してる私を見て驚いてた(O_O)

ちゃんと大特の免許もあるし、作業免許もあるし、札幌でも乗ってるよ😁

札幌でも、珍しい光景らしく、通りがかりの人が二度見するし、作業を見てる人もいる😄


父の教えは、「出来ないって言う前に、一度はやってみろ。ダメなら、次のステップを考えればいい。」

大特の免許もそう。

男性が出来て、女性が出来ないものは、ない!

逆は、出産だけ。


だから私は、なんでも一度はチャレンジ。専門的な事以外はね。

意外と、出来ちゃうことが多い。

手先はぶきっちょだけど、理屈はわかる。

真逆なのが、ヒデちゃん。

手先が器用で、細かい作業が好きで、応用が利く。


私の仕事には、ヒデちゃんのように器用な人が必要なんだよ。

私の中の悪魔👿が黙ってないらしい………

昨日は、業者さんに新年のご挨拶。銀行回り。

夜は、ヒデちゃんの親友くんとご飯。

お父上の葬儀が滞りなく終わったと、ご実家から連絡があったって。


葬儀に参列出来なかった親友くん、

(若気の至りでヤクザ屋さんになり、そこを抜け出して、札幌へ。ご両親とは旅先で合流して親孝行をしてたらしい。

葬儀の時に、ヤクザ屋さんが来るかもしれないから、葬儀には参列せず。お父上の生前にもご本人にも伝えてあったらしい。)

で、お父上のお弔いにご飯に行ってきた。


朝晩と、お線香を焚き、手を合わせてるらしい。

お父上が亡くなる数時間前の、家族での写メを見せてもらったけど、笑ってた!

まさか、この方が?って思うくらい、お元気そうだった。


きっと、ご家族に囲まれて、親友君とも話せて、幸せだったんだろうね。

穏やかに息を引き取ったなら、悔いなしの人生だったのでしょう。



そうかぁ。。。

ヒデちゃんの最期も、笑ってるように見えた。

悔いなしの人生だったのかな?

ヒデちゃんの生い立ちや家族との関係性や、社会人になってからのことを思えば、

そっちに逝ったほうが、楽だったのかな?


生きていれば良いこともある!

って、私は思わない。

良いことが少々あっても、それ以上に辛いことがあれば、生きてくのが辛いよね。

ヒデちゃんは、吐き出す相手もいなくて、ずーっと1人で抱え込んでたんでしょう。

そんな時に私と会って、「もっと早くに会いたかった。」って繰り返し言ってたね。


今、思うと、こうなること知ってた?

私はヒデちゃんの最期に関わる人。



私は怒ってるよ!

出会った時、人生投げてるような生き方してるように見えたから、

「生き急ぐな!」って、何度も何度も言ったのに、

「生きるぅ〜」ってふざけたように言ってさ、

今はこんなことになって、自業自得だ!!!って言ったやりたいよ!



なんだろう………新年早々、私の中の悪魔😈たちが、目覚めてきた。

今年はポジティブにいこうと決めたのに、

私の中の悪魔😈たちが、黙ってないらしい。。。😱😎

どろどろ…私の中の黒いものが溢れてくる。

今日から官公庁は、仕事始め。

私はと言えば、久しぶりにゆっくりのんびりした午前中。

午後はお仕事と除雪。


午後の仕事の途中。

ヒデちゃんのリハビリしてた病院の前を通った。

急にね、ヒデちゃんの最期の時を思い出した。


ヒデちゃんの体、病院ではなく、警察署で安置。

ヒデちゃんの向かう先を確認中って言って、4日間警察の冷蔵庫に入れられてた。

ヒデちゃんの家族が迎えに来ない。

ヒデちゃんの家族が、「遺骨は持って帰るけど、体は無理。火葬はそちらで。」って。

そんなゴタゴタが4日間。

私は気が気じゃなかった……

早くヒデちゃんに逢いたかったし、いつもでも冷蔵庫に入れるなんて、かわいそう、あり得ない!ってね。



ここから、私の本心。。


何があったか知らないけど、親が子供を拒否するなんて…最期の顔を見なくていいなんて…

理解できない!

義母だって、一緒に生活してたんだから、母親らしいことしてたなら、顔見るでしょ?

父親だっておかしいんじゃないの?

我が子の最期、顔をみに来ないし、「お墓は買ってあるから。」って。。

結局、体をご実家に連れて帰る費用、埋葬費用、なんだかんだと50万くらいを払いたくないのか、ないのか?

もう、呆れる!

お金がなければ、どうにかしろよ!

結局、ヒデちゃんの火葬費用は、ヒデちゃんがお世話になる予定だった施設が、30万全額。

この施設の人は、本当にいい人達。お人好し。

私や私の友達が、お香典を渡そうとしたら、「ご家族へ渡して。」って。

火葬場で、義母に渡すと、受け取った。(父親は仕事があるので、参列せず。)

火葬費用すら1円も出してないし、警察署から火葬儀場に向かう時も、警察署に来なかった。

直葬の場合、警察署で死装束に着替え、顔を見てお別れの式をする。

呆れる…本当に呆れる!

火葬後も、まるでお客様の如く、遺骨を持って帰って行った。

「皆さま、お世話になりました。」の一言がなかった。。。

何様だー‼︎

息子の最期なのに、顔を見にこない父親、仕事優先。

(そんな大事な仕事なのか?トンネルの穴掘りの作業員は!代わりはいくらでもいるよ!)←私の心の声。



ヒデちゃんの親のことを悪く言いたくなかったけど、常識の範疇ではない。

今まで、ヒデちゃんのご両親に対して、私の中で、モヤモヤ、ふつふつ、真黒いものがドロドロ…

新年早々、溢れ出て来た。

ご両親にも言い分があるだろうけど、親に責任はないのか?って聞きたい。


あー、キリがない!

モヤモヤが、ドロドロが溢れてくる!



こんな親、

こんな父親が、

ヒデちゃんの自慢のお父さんなの?



でも、それでも、お父さんに振り向いて欲しかったんだよね。