どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

順調な回復。

実家にいるチコちゃん。

今、20歳。

人間なら成人式ってとこだけど、チコはおばあちゃん。


父が入院中だから、チコはひとりぼっちで寂しそう。

いつも父の側で寝てるんだけど……

私では、父の代わりにはなれない………ごめんよ、チコ。


私に出来ることは、美味しそうなオヤツやご飯をあげることくらい……許して、チコ。



で、今日の父。

なんだかんだと身の回りを片付けると、車椅子に乗りたいと。

私が、いっぱい管が繋がってるから、無理だよって言ってると、看護師さんが、OKを出してくれた。

「少しずつ、動いてもいいよ。動かないと、筋肉落ちるしね。さー、準備しよう!」って看護師さん。

管の処理をし、車椅子に座らせてくれた。


院内を車椅子で、グルグル散策。

いつもと違う光景に満足してた。

ちょいちょい、おかしな言葉を発するけど、まぁまぁ順調な回復



今は、まだ、仕方ないよね。

あんな大きな手術をしたんだから、今は、元の父に戻ってくれると信じよう!


今日もヒデちゃんのこと、いっぱい考えた…思い出してた。

父と重なることも多く、今更だけど、ヒデちゃんの辛さをわかってあげられなかった。

頑張ったね〜偉かったね〜ヒデちゃん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。