どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

負のスパイラル

ヒデちゃんを想う時、写真のニコニコ顔…


心に蓋をしてたはずなのに、ヒデちゃんの最期の顔が浮かぶ時がある。


頭を振って、頭の中から消したくなる。

現実を受け止めたくないのに、最期の顔が浮かぶと、思い知らされる。


イヤだ、イヤだ!!!


あー、イヤだ!!!

早く、蓋をしなきゃ!!!


すると、私の知ってるヒデちゃんが、だんだん、写真の顔になってしまう。


違う!


あんな顔、こんな顔、カワイイ顔、怒ってる顔、甘えてる顔、私だけが知ってる顔。

いっぱいいろんな顔を知ってるのに、少しずつ、写真の顔にすりかえられてく。


私の脳は、記憶を正確に留めておくことが出来ないのか?

新しいものに更新されてく。


このままでは、いつか、ヒデちゃんのこと忘れてしまうの?

すごく、不安。。。


って、思ってたら、最期の顔が浮かぶ。。。

悪循環。。。



ヒデちゃんの最期の顔は、口角が上がってて、まるで笑ってるような顔。

私は、あの顔を思い出すと、


ヒデちゃんがこの世の最期に見たものは?

何を思ったの?

同時刻に見た、仔猫の死体。

私に何か言いたかったの?




いつも、負のスパイラルに陥いる。。。



あの時、私に出来ることがあったはず。

なぜ、なぜ、なぜ???



一言でいいから、言葉が欲しいよ。



愛してる




生きてく力を下さい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。