どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

声が聞きたい、、

毎朝、声が聞きたい、会いたいと目覚める。

寂しい、寂しくて寂しくて、、、


でも、今日は違う。

憎くて憎くて、仕方がない!

「老後は俺が面倒見てあげるよ。俺、若いもん!」って笑って言ってたのに…

私たちの年齢差は9歳。


最初の出会いは、取引先の会社に、彼が中途入社。

私の彼への印象は、見た目がヤンチャそうだったし、若いし、別世界の人。

みんなで飲む機会があり、彼と話してみると、見た目ほどヤンチャではなく、優しい子なんだろうなぁ。。

若いから、自分を大きく見せるためのカモフラージュかなぁ〜くらいの印象だった。


でも、その頃から、彼の押しが始まった。

私は、9歳も若い子とは、有り得ない!

知り合い?友達?お姉さん?くらいの付き合いなら出来るけど。って何度も断った。

彼は納得せず、押しの一手。

その頃は、私も気持ちは彼に向いていたけど、年齢差を考えるとstop!

「あなたに好きな人が出来るまで、あなたに彼女が出来るまでの暇つぶしの相手ならいいよ。」って、

私が傷付きたくないから、彼の為を思うような、ズルい私の言葉。


私って、本当にズルい!


でも、彼の言葉が、

「俺たち似てるよ。無理しなくていいよ。俺はわかるよ。大丈夫だよ。」

って、私も親や兄弟の事や仕事のことで、永遠の悩みを持っていたので、彼の言葉が嬉しかった。

出会って、5ヶ月目くらいだったと思う。


憎くて憎くて…って最初に書いたのに、好きで好きで仕方がない!

逢いたくて逢いたくて、仕方がない!


振り返るのが苦手な私なのに、振り返りはじめると、出逢いまでいってしまった。

楽しかったことがいっぱいあったから、今がキツイ、ツライ、


やっぱり、逢いたくて逢いたくて、、、

逢うためなら、何でも出来る。

一瞬でも逢えるなら、私の命と引き換えに差し出せる。

私の命と交換してください!

ICU


ICUに向かう恐怖。


朝、7時半から8時まで と、 19時から19時半までの面会。(昼間は2回だけど、彼の会社の人に会えないので。)

私は、朝と夜、面会に………

毎朝、起きてから病院に向かうまで、祈り続け、ICUでの面会。

夜も、ICUの前で、時間まで祈り続けた。

「神様、仏様、彼を連れてかないで!私のとこに返して下さい!」

もし、万が一、急変がおこった場合、私にはどこからも連絡が来ないので、

ICUにいるってことで、安心。

毎日、ICUに入るまで恐怖。


昨日より今日は! と思って、面会するが、病状は変わらず…

足をさすったり、手を握ったり、手も足も力強く、「俺は生きてる!頑張ってるよ。」って、言ってくれてる気がした。

彼は、本当に良くがんばってた。



彼に会いたい、会ってお話がしたい。

朝がツライ


ヒデちゃんからの電話がない。


朝、6時過ぎ、「イクちゃん、おはよう、おはようだよ!」って、彼の声で起きる。

って、そろそろだなぁ〜って、起きて待ってるんだけどね。


今も待ってる………待てど暮らせど電話がない…


だから、朝はイヤ!

現実だから…

朝、彼の事を想い目覚め、彼のいない現実を見せつけられ、この世に夢も希望もない


でも、やらねばならないことが、、、重い腰を上げ、こなすしかない。


私の寿命が早く来ることだけを祈って。。。