どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

あたしって鈍いのかな??

月初なのに、仕事が進まない。。

予定は、あくまでも予定で、思い通りにいかない。。。

空き時間が出来ると、ヒデちゃんが浮かんでしまって、これまた仕事が止まる。

なかなか、切り替えが難しい。。


私は、ヒデちゃんことをこ〜んなに想ってるのに、ヒデちゃんは私のこと忘れた?

忘れたんじゃなくて、ワザと?怒ってる?

夢にも出てこないし、気配もないし…

そろそろ100日だよ…何かしらのアクションが欲しいけど…

私が鈍感だから?ビビりだから?


それとも、ヒデちゃんの記憶から抹消されちゃったのかな?

片想いって、せつないわぁ。。

見えない相手に片想いだよ。

日に日に、ドンドン想いは募るんだよ。。


でもさ、逢いたいとか、話したいとかって思うのは、私のエゴなんでしょ?

ヒデちゃんの世界では、こっちの世界が何でも見えてるから、逢いたいとか話したいって思わないんでしょ?

ヒデちゃん、見ててくれてるのかな??


私のぐーたらっぷり!

ヒデちゃんいないから、な〜んにもやる気が出ないわ。

最低限のことしか、やらない?やれない?気力がないもん。


ヒデちゃんって、スゴイね!

私の人生に、全身で突っ込んできて、すっぽり入って、影だけ置いていなくなっちゃった。

私は、この影だけを見ながら生きて行けと。。。


退院して、元気になって、「キンちゃん、ありがとう! 新しい人生始めるわ!バイバイ!!」

って、私を捨ててってくれたら、どんなに良かったか。。。

だって、ムカつくーって言いながら、恨めるじゃん!

「やっぱ、年下に騙されてたー」「捨てられたー」って言いながら、泣きながら、怒りながら立ち上がってたな。


ホントに消えちゃったら、恨めないじゃん。。。

ずーっと、モヤモヤ…生きてる限り…。

次の恋愛しなよ!って言われるけど、、、次も、その次もヒデちゃんがいい!


今、1番ヒデちゃんが好き。

昨日より、今日の方が、ヒデちゃん大好き。

そして、日に日に、寂しさが増してくる。

私って鈍感なのか、鈍いのか、日に日に、ヒデちゃんがいない現実を思い知らされてる気がする。

あの人…あの人さえ……5

あの社長さ、自宅がそのままだったけど、家賃未払いだとかで、空け渡し?

入居者不在でどうするか…もめてるみたい。

どこにいるんだろうね。。。



ヒデちゃんの事故前の、お給料未払い30万ちょいと、

事故後すぐ、社長が生活保護の申請出して、受理されて、そのお金の管理は、社長がしてた。


ヒデちゃんの入院中の医療費はかからないけど、入院着やら食事代は、毎月請求がある。

そのお金が支払われてないってことだった。約2ヶ月分。

私が病院からの請求書を預かって、社長に届けます!って、その翌日、社長に届けると、

「忙しくて病院に行く暇がない」って、、「じゃぁ、私がお金預かってくよ」って言うと、

「近々、病院行くからいい」って…

で、私、「ヒデちゃんの紙オムツや備品、私が立て替えた分は、誰が払ってくれるの?」

そしたら社長、「請求書持ってきたら、払う」って…

レシートの何枚かを持ってたので、「これだけ、下さい」って、合計で15,000円分くらい。

「今、これしかない。残りは今度な!」って5,000円くれた。


この時、社長に請求するつもりはなかったけど、病院からの請求書の金額が、2ヶ月で12,000円くらいだったのに、

すぐ払いに行けないみたいだから、お金がないのかな?と思って、ワザと聞いてみた。

案の定、お金がないから払いに行けない…って感じだった。

私は、ヒデちゃんにかかった分を、ヒデちゃんにもらう気はないし、請求するつもりもなかった。


でも、ヒデちゃんのお給料の未払い分と生保のお金が、全くない。

ヒデちゃんのお財布には、小銭しか入ってなかった。


私は、ヒデちゃんのお財布に、「看護師さんへ。必要なものは、ここから使ってください。」って、一筆書いてお金を入れておいた。

すると、「オムツを買いました。」「パッドを買いました。」って、レシートが入ってた。


社長は、ヒデちゃんにお金を全く渡さない。

病院で寝てるヒデちゃんだって、水も飲むし、たまには甘いものも飲みたいし、

ゼリーやプリン、ヨーグルトは許可されてたから、食べてたよね。

点滴の期間が長いので、胃に負担がかからないように、しばらくは離乳食みたいな食事だったよね。

「まじぃ〜,まじぃ〜」って、美味しくない顔してたね。。。

ゼリーが美味しいって、可愛い顔してたね。


この顔見たら、何かしてあげたくなっちゃうんだよね。。。


社長の話を完結したかったのに、今日も終われない。。

ヒデちゃんの顔思い出しちゃった。。

もう、ゼリーもヨーグルトもプリンも食べれないよ!

この世にしかない物だから!

食べに来てよー、食べにおいでよー!

いっぱい、いっぱい、買ってあげる!!!

また、あの顔見たいよ。。。

あの人…あの人さえ……4

あの社長、未だに、消息不明だって。。

どこにいるんだろうね。。。


事故後、ヒデちゃんの親が来てくれず、社長が身元保証人になってくれて、いろんな手続きしてくれて、

社長がいてくれて良かった!って、心の底から思ってたよ。

社長が事故のこと連絡くれなかったら、私は何もわからなかったし、その後のことも…知らなかったかも。

私は、社長とはお金のことで揉めてから疎遠になってたけど、感謝してた。


社長が、ヒデちゃんの病院に行く時も、時間が合う限り、送迎してたし、

スタッフさんがいなくて、仕事が回らない時は、私が出来る仕事は手伝ってた。


年が開けて、2日の日の午後、ヒデちゃんの病室で足のマッサージをしてる時に、社長とスタッフさんと、

ヒデちゃんの親友くんの3人が来た。

親友君と私は、ヒデちゃんの事故後すぐ、ICUで会ってる。この時が初対面。

「彼女さんですよね?」って聞かれて、しどろもどろの私。。。「あっ…はい…まぁ…」みたいな。。。

その時に、少し話をして電話番号交換をした。

その後、電話では、ヒデちゃんの容態を知らせたり、親友君から容態の問合せだったりで、話はしてた。


病院で会ったのは2度目だけど、社長たちの前では、簡単な初対面の挨拶。

私の嘘は、うまくないので、すぐ退散。

2日は、まだ誰も来ないと思って、安心してたんだけど、甘かった。


社長は、この後ぐらいから、ヒデちゃんのとこには週2回くらい。。

それから、週1回になり、2月になると、病院から呼び出しがくると行くって状況。

その後、病院からの電話にも出ず、返信もしなかったらしい。


私は、毎日のようにヒデちゃんに会いに行ってるので、看護師さんに社長のことを聞かれたり、

仲良くなった看護師さんに、ヒデちゃんの現状と今後のことを聞いたりしてた。

キーパーソンは社長である以上、私には話せない内容がたくさんあると思うけど、

社長と連絡が取れない病院は、大変だと思う。

1番の問題は、ヒデちゃんの入院費を払ってないってこと。


寝たきりのヒデちゃんに、払える訳もなく、意識が朦朧としてるし、記憶がはっきりしてない時に、

すぐ支払ってと病院は言ってない。

退院までに支払えばいいとは言ってた。

でも、身元保証人の社長がお金の管理をしてることを、病院側は知ってるので、社長に請求書を渡したかったみたい。


社長のだらしないところが、こう言うとこ。


思い出しても腹が立つ!

私は、お金にだらしない人が大嫌い!


社長に会ったら聞きたい、「ヒデちゃんのお金と荷物はどこ?」