どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

あの手を触りたい…つなぎたい。。。

冬は乾燥がヒドく、保湿が必要。

我が家は、ガスストーブだから、家中乾燥注意報!

アロマ内蔵の加湿器を2台、フル回転させているけど、室内湿度は40%くらい…

窓を開ければいいんだけど、寒すぎる…

いろいろしても、これがガスストーブと諦め…


お陰で、顔や手はかさかさ…

髪の毛は静電気で、ぴんぴん…

にゃんにゃんと接触したら、電気が走る…

車のドアを触ったら、電気…夜は一瞬火花が…



ヒデちゃんも入院中、身体中、カサカサ…カユいカユいって言ってたね。

病院が乾燥してるっていうのもあるけど、薬が合わなかった時があって、

ずーっと、軟膏もらって、看護師さんに塗ってもらってたね。

でも、何でか、ある時から、なぜか…私が塗る係にされてたね。

何で?聞いても、

「いいから、塗って〜。」って。。。

体の前は自分で塗れるのに、塗る気ゼロ。

前も後ろも、塗ってあげてたよね。

おかげで、ヒデちゃんの体の小さなホクロまで、全部知ってるよ。

小さなプリっとしたお尻にも塗ってたし、ヒデちゃんの体は、私の方が詳しいよね。


人の手が、嬉しかったのかな?

子供の頃、母親になでなでされたりすると、落ち着いたみたいな感じだったのかな?


そうだ!

耳掃除もしてって言って、してあげたよね。

でもさ、私、怖くてさ、奥まで出来なかったけど、耳や耳周りを拭いてあげたら、気持ちいって。

多分、あれも、同じ事だね。


ヒデちゃん、私のことが好きだった訳じゃなく、手が好きだったんでしょう?


でも、私はヒデちゃんの手が好きだったよ。

一緒に寝るときは、必ず、手を繋いでたね(^ ^)

手先が器用で、白くて華奢で柔らかい手(^^)

私の方が、ゴツゴツ?ザラザラしてたもんね。


あ〜ぁ、ヒデちゃんの手、触りたいなぁ〜。。。


まだヒデちゃんの手を覚えてるけど、忘れちゃう時が来るんだろうなぁ…

忘れちゃう前に、あの手を触りたい…繋ぎたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。