どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

守りたかったよ。。

私の定年後の夢は、キャンピングカーで日本一周!


自営だから、定年なんてないんだけど…

きっと、老後は、病気持ちだろうから、ゆっくり時間をかけて、

その時のパートナーと一緒に回るって決めてた。


ヒデちゃんに、私の夢の話をしたら、「俺も行く!」って。

「俺は車の整備が出来るから、安心だよ!」って。

2人でそんな話をしながら、どこの、どんなキャンピングカーがいいか、

話ししてたよね…

…けど、2人で行くって想像が出来なかった。

絵として浮かんで来なかった…。



何でかな…別れちゃう…捨てられちゃう…

私の悪い妄想が渦巻いてたのかもね。

好きになればなるほど、ヒデちゃんの優しさを疑う自分がいたんだよね。

私、本当に自分に自信がない。なかった。

ヒデちゃんが事故にあって、3度目の術後の、麻酔から醒める時のヒデちゃんが、

私を見つけた時の顔を見るまで、自信がなかったんだよ。

この時、本当に嬉しかったんだよ。

私がヒデちゃん、守って行こうと思ったよ。

この時、私の中で、自信のない彼女から、母親になったのかもね。


母親ってことは、ヒデちゃんの全部を包んで守る存在。

自分の命を差し出しても、守り抜きたかった。


なのに、最期は、、、

もっと、

愛してあげたかった。

幸せにしてあげたかった。

もっと、もっと、もっと愛で包んであげたかったよ!



なのに、最期は、懺悔と後悔でいっぱいになったよ。

毎日、毎日、後悔が渦巻いてるよ。

ヒデちゃんに逢いたくて、逢いたくて、逢いたくて。。。



ここでだけは、ヒデちゃんとお話が出来る気がするよ。

ヒデちゃんからの返信?

ヒデちゃんからの何らかのメッセージを待ってるんだよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。