どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

ごめんね〜ヒデちゃん。

ここ最近、月末ってこともアリ、何かと慌ただしい。


運転中に、フッと思い出した。

ヒデちゃんが個室から大部屋に移った時、私の家電にメッセージくれたこと。


この頃、毎日頭が痛いって痛み止めを飲みつつ、気管切開してチューブしてて、

声もまだまだ出てない状況。排尿のドレーンもしてて、

頭も頭蓋骨が半分ない状態だから、安静にしてなくてはいけない時。

安静の状況なので、移動は看護師さんを呼んで、車椅子。


一人行動はダメだから、看護師さんが公衆電話まで連れってくれて、

ヒデちゃん、私の家に電話してくれて、個室から大部屋にうつった、部屋番号を

残してくれた。


何度聞いても、声なき声…

間違い電話? イタズラ電話? 声が聞き取れない…聞こえない…

何度か聞いてると、周りの音やヒデちゃんのかすれた声が聞き取れるようになった。

部屋番までは、微妙…


でも、嬉しかった!

ヒデちゃんがあの体で、あの状況で、私に電話をくれたことが嬉しかった!

個室から4人部屋に移って、部屋が変わった事を私に伝えないと、私が迷うと思って、

看護師さんに、どうしても連絡しないといけないって言って、電話をくれたみたい。


まだまだ、記憶が途切れ途切れだし、私のこともどこまで覚えてるのかな?って思ってた。

そんな時、ヒデちゃんの記憶の中で、私に連絡しなきゃ!って、

連絡くれたことがすごく嬉しかった!


その日、新しい部屋に面会に行くと、急遽、部屋の移動が決まった経緯を教えてくれた。

緊急性がなく、安定したので大部屋への移動になったみたい。

個室の時は、手足をマッサージしたり、いろんな話をしたり、

この頃、幻覚もあったり、見えないものが見えたり、前夜に見えたこととか。。。

病院だし、脳外科だし、深夜は特にいろんなことが見えてたと思う。

そんな話を聞くと、私も寒くなるけど、ヒデちゃんは報告してくれた。


個室はカメラで監視されてたけど、大部屋はカメラもなく、カーテンで仕切る。

手をマッサージしながら、ぼそぼそ話したり、夕飯を食べて、歯を磨いて、寝る準備。

までが、毎日の流れ。。。

ヒデちゃんの好きな夕飯のおかずを1品持ってくと、喜んでくれる。

病院食はマズイって…


病院食が美味しかったら、みんな退院しないよね〜って💦


個室にいる時は、記憶のことが心配だったけど、大部屋に移ってからは、

毎日少しずつ、記憶の障害がでなく安定してたと思う。


ヒデちゃんは、個室の時、自分の住所が解らなかった…

大部屋に移ることによって、人の会話を聞いたり、廊下で話す声を聞いたりで、

ヒデちゃんの記憶も戻ってきた。


毎日、ささやかではあるけど、ヒデちゃんの記憶が戻って来てるのが嬉しくて、

病院に行くのが楽しかった!


のちのち、この頃の話をすると、全く覚えてない。。。


大部屋に移って、2週間後には、人口の頭蓋骨のオペが待ってる。。


この先は、また次回に残そう!



とにかく、ヒデちゃんが電話くれた時のことが思い出されて、

運転中に泣けちゃって泣けちゃって…

「きんちゃん、大好き」って、本当なんだね。。。

私ったら、いつもごまかしたり、邪険にしたり、聞こえないふりしたり、

ごめんね。。。本当にごめんね。。。素直じゃないね、あたし。

好きじゃなかったら、そんな体で電話しないよね。。。

病気の人を疑ってた。。

今頃、反省だよ。。。

戻りたいよ。。。

毎日、毎日、ヒデちゃんの想い出を振り返りながら生きてる感じがする。


密度の濃い、思い出の多い7ヶ月の入院生活。。

いっぱい話たし、ジャれあったり、ゲームしたり、お互いの血圧測ったり、漢字の書取りしたり、

他の部屋の小学生の男の子と、一緒に遊んだり…


ヒデちゃんのリハビリ(1日3回 3時間)が全部終わった頃に行くのが日課。

カーテンを開けて入ってくと、部屋で待ってるヒデちゃんが、「逢いたかった!」って飛び付いてくる。

毎日のように行ってるのに、何日も会ってないような行動。

私はいつも、「どうしたの?何かあったの?大丈夫?」って。。。

ヒデちゃん、「逢いたかった!」って。。。


ただ、寂しかったんだよね〜孤独感でいっぱいだったんだろうね〜。。

今なら、よくわかるんだけど…その時、私、「なぁ〜んだ〜、はい、洗濯物だよ。」みたいに、

ちゃんと聞いてあげなかった。


その後、ディルームや病室で晩御飯まで、いろんな話をしたり、

入院中の小学生の子供と一緒にオセロしたり、散歩したり、

肩揉みや手を揉んだり、体に薬を塗ったり、

眉毛整えたり、毎日2時間弱は、一緒にいた。

あの頃が懐かしい…

ヒデちゃんには申し訳ないけど、この頃に戻りたい。

(ヒデちゃんにしたら、痛いし辛いし、入院はもうイヤだろうけどね。)


だってさ、病院に行ったら、必ずヒデちゃんいるんだもん!

逢いたかった!って飛びついてきてくれるヒデちゃんがいたんだもん。

今は、どこに行ってもいない…

あの頃に戻りたい。


今でも、15時半から16時は、病院に行く時間だからそわそわするし…

でも、行ってもいないんだと思うと、また寂しくなるし…


朝も「おはようー」の電話がない、夜も「おやすみー」の電話がない。

ヒデちゃんに、埋め込まれた私の日課。


日課って、すごいんだよ!

今でも、電話がくるのを待ってる私がいるんだよ。

だから、家で一人でいるのがツライ。

外で誰かと一緒だと、時間を忘れることが出来る。


ヒデちゃん、あたし、どうにかなりそうだよ。。

冷静に日常生活を送ってるけど、かなり、心が崩壊してるかも?

頭の中がずーっとモヤモヤ、命日の時は、前向けたのに…今日は…オカシイよ…後ろ向き。


今思えば、今日は、午前中仕事してても、攻撃的な自分だった気がする。

ん〜、どうしたんだろう…あたし。。。

自分で自分のコントロールが出来てるようで、まったく出来てない。。。


戻りたいよ〜。。。

全身で、ヒデちゃんを抱きしめたいよ!

私だけのヒデちゃんでいてほしいよ。。。

4回目の月命日

早朝から、「街頭配布」のティッシュ配りをした。

友達に頼まれ、もう何度目だろう?

見ず知らずの人に、声を掛け、近々オープンするお店の宣伝を兼ねてティッシュを渡す。

私は販売経験もあるので、苦ではないけど、普通の人は苦手らしい。。。

おまけに朝(8時から9時半)が早いので、家族のいる人には厳しい話。


が終わって、彼の分身が眠るとこに向けて、ドライブ!

助手席にヒデちゃんの写真を置いて、話しかけながら、コーヒーを飲みつつ2時間のデートドライブ。


今回は、嘆く悲しむがなく、冷静に会話をしつつ、

お天気のことや、さっきの街頭配布のことだったり、友達のことだったり、

「あーだよね〜、こうだよね〜、やっぱりそうだよね〜」って、穏やかに、独り言?

他人が見たら、かなりおかしな人だと思うけど、こうしてると寂しさが紛れる?


ヒデちゃんの分身に別れを告げ、ヒデちゃんの魂と帰りのドライブ。

帰りは、行きと違う道で、遠回りになるけど、景色がいい!


またまた、穏やかに独り言。


気がついた!

ヒデちゃんが消えちゃって、当初は「何で?何で?」って、納得が行かないことだらけ。

人の死で、納得なんてない!って解ってるんだけど…

ヒデちゃんは、1度、生死の境から奇跡の生還した人!

なのに、何で???

ずーっと、この繰り返しで、ヒデちゃんの最期の顔も…ヒデちゃんの火葬後も見てるのに、

私の頭は、何一つ理解できず、未だに、どこかにいるかも?入院中?地元に帰った?

みたいに思う。。。


かと思えば、何となく、「命あるものは、いつかは…」って心のどこかで思ってた。

自分の死に対する思いは、全くない。いつでも逝ける。

ただ、痛みに弱いので、一瞬の痛みで逝きたいとは思ってる。(願い)


でも、自分以外の人は、年功序列。

祖父祖母が亡くなり、今は親が健在ではあるけど、自分より先に逝くであろうと思ってる。

ただ、ヒデちゃんが消えちゃうまではそう思ってたけど、今は、順番がない…消えちゃうことが身近に感じる。


今まで、愛情をいっぱい注いできたニャンたちを21歳・17際・14歳・18歳で見送った。

病気だったり、突然死だったり、長い闘病生活をさせてしまったり、

ニャンにはニャンの生き方があっただろうに、私のエゴで、室内飼いをし、体に良いものと思い、

塩分の少ないご飯を食べさせられ、美味しいものを知らずに病気になり、

私のエゴで病院通い、点滴で生かされてる状態。

最期は力尽きた感じ。。。

この頃の私は、生きるってことが解っていなかった。

この状態は、「生かされてる」。ニャンは辛かったと思う。全て、私のエゴであったと思う。


ニャンたちが1人消え、2人消えたころから、「消える=死」に対する考え方が変わったのかも。。

「命あるものいつかは…」

確かに、そう。自分より早いか遅いか。いつかはいつか…

人の死も、何となく想定してる気がする。いつかはいつか…

ただ、人もペットも苦しまず、寿命まで逝かせてあげたいと思う。


そう考えると、ヒデちゃんが消えちゃう時、ヒデちゃん眠るように逝ったらしい。(硬膜化血腫)

最初の事故から、4度の手術で、都度、痛みが激しく、眠らされたり、痛み止めを飲んだり、

「痛い…痛い…」何度聞いただろう…私には変わってあげることもできず、ただ、苦しんでる体をさするくらい。。

それを乗り越え、退院目前の、2度目の事故。

もう、ヒデちゃんに頑張ってとは言えない…散々、頑張ってきたんだもん。

ヒデちゃんも気力が残ってなかったんだと思う。

もう、痛みも薬も、障害もない世界に行きたかったんだと思う。

だから、たった1人の部屋で、逝っちゃったのかな…どこで頭打ったのかな?


本当に、7ヶ月の入院生活、リハビリに良く耐えたと思う。


今日の私は、ヒデちゃんを褒めてあげたい。よく頑張ったね!

そっちの世界では、痛みもないだろうし、障害も関係ないだろうからね。



今日は、穏やかにそう思うけど、

明日は、怒ってるかも?

ひとりぼっちにして!!!約束はどうするの???って、文句ばっかりかも。。。