どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

コツツボの中……

札幌、洞爺湖は晴天。

北海道らしい、カラッとしたお天気。


レイちゃんと一緒に、ヒデちゃんの分身君に逢って来た。


レイちゃんって、いろんなものが視える人。

そのレイちゃんが、ヒデちゃんのイコツを見ようって…

コツツボの中に、水が溜まることもあるらしいから、見ようって…

溜まってたら、拭き取ってあげなきゃね…ヒデちゃんが溺れちゃうもんね。


で、丁寧にゆっくり、手を合わせながら、開けて見た。

そしたらね、レイちゃん、声が聞こえるって…

近くのノウコツドウから、自分も開けて欲しいって言ってるって。

レイちゃんの話だと、閉じ込められてるから、開けて欲しいんだって。


私には何も聞こえないけど、ラップ音?みたいなものは、聞こえた。

レイちゃん、見えすぎたり聞こえすぎたりするから、人混みはキライって。。

そりゃ〜そうだよね。。。

精神がまいっちゃうね。


で、コツツボの中に水は溜まってなかった。

少し黄色くなってたり、ピンク色の部分があったり、あの時のまま。

他はきれいなもの。


ご家族は、きっと、コツツボを開けてないんだろうなぁ。。

カソウ証明書も一緒に包まれてた。



イコツ、持ち帰らなかったよ。

ヒデちゃんの体、バラバラになったら困るもんね。

想い出がいっぱいあるから、イコツはいらない。

ちょっと、強がり……かな。


今日はレイちゃんと行けて良かった。

ヒデちゃんの話をいっぱいしたし、笑ったよ。


ヒデちゃんも聞いてたでしょ?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。