どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

不謹慎だけど………

今日は、実家から札幌へ。

お天気が良くて、道路状況も良くて、走りやすかったぁ!


札幌に戻る前に、父の病院行くと、父の食事が流動食になってた。

やっと、口から栄養が取れるようになったけど、点滴はまだ必要。

でも、食事の時間があると、朝なのかお昼なのか夜なのかが、時計を見なくても、なんとなくわかる。

この間までは、点滴やドレーンがいっぱいあって、動くことも出来なく、食事もなかったけど、

これで、体内時計が動き出した感じ。


今日は、ドレーンの交換があったらしく、痛かった…ダルい…疲れたって。。

体は辛そうだったけど、頭はしっかりしてた。

午後、私が帰るときは、「天気良いから、居眠りするなよ。気をつけて帰れよ」って。

今日は、普通の会話が出来た。



父が食事中、父が見終わった新聞を、何気なく開いて見てると、偶然、お悔やみ欄に目が止まった。

ヒデちゃんの祖父の名前が…93才だったと。

びっくりしたー!

だってね、親戚でもご近所でもないから、どこからもお知らせがない。

たまたま、偶然………ヒデちゃんがお知らせしてくれた?


お祖父様のご冥福をお祈りいたします。


今頃、お祖父さんとヒデちゃん、出会えてるかな?

ヒデちゃん、お祖父さんが迷子にならないように探し出してあげてね。


ちょっとだけ、不謹慎だけど………

ヒデちゃん、一人じゃなくて良かった。

ひとりぼっちじゃなくて、良かった。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。