どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

どろどろ…私の中の黒いものが溢れてくる。

今日から官公庁は、仕事始め。

私はと言えば、久しぶりにゆっくりのんびりした午前中。

午後はお仕事と除雪。


午後の仕事の途中。

ヒデちゃんのリハビリしてた病院の前を通った。

急にね、ヒデちゃんの最期の時を思い出した。


ヒデちゃんの体、病院ではなく、警察署で安置。

ヒデちゃんの向かう先を確認中って言って、4日間警察の冷蔵庫に入れられてた。

ヒデちゃんの家族が迎えに来ない。

ヒデちゃんの家族が、「遺骨は持って帰るけど、体は無理。火葬はそちらで。」って。

そんなゴタゴタが4日間。

私は気が気じゃなかった……

早くヒデちゃんに逢いたかったし、いつもでも冷蔵庫に入れるなんて、かわいそう、あり得ない!ってね。



ここから、私の本心。。


何があったか知らないけど、親が子供を拒否するなんて…最期の顔を見なくていいなんて…

理解できない!

義母だって、一緒に生活してたんだから、母親らしいことしてたなら、顔見るでしょ?

父親だっておかしいんじゃないの?

我が子の最期、顔をみに来ないし、「お墓は買ってあるから。」って。。

結局、体をご実家に連れて帰る費用、埋葬費用、なんだかんだと50万くらいを払いたくないのか、ないのか?

もう、呆れる!

お金がなければ、どうにかしろよ!

結局、ヒデちゃんの火葬費用は、ヒデちゃんがお世話になる予定だった施設が、30万全額。

この施設の人は、本当にいい人達。お人好し。

私や私の友達が、お香典を渡そうとしたら、「ご家族へ渡して。」って。

火葬場で、義母に渡すと、受け取った。(父親は仕事があるので、参列せず。)

火葬費用すら1円も出してないし、警察署から火葬儀場に向かう時も、警察署に来なかった。

直葬の場合、警察署で死装束に着替え、顔を見てお別れの式をする。

呆れる…本当に呆れる!

火葬後も、まるでお客様の如く、遺骨を持って帰って行った。

「皆さま、お世話になりました。」の一言がなかった。。。

何様だー‼︎

息子の最期なのに、顔を見にこない父親、仕事優先。

(そんな大事な仕事なのか?トンネルの穴掘りの作業員は!代わりはいくらでもいるよ!)←私の心の声。



ヒデちゃんの親のことを悪く言いたくなかったけど、常識の範疇ではない。

今まで、ヒデちゃんのご両親に対して、私の中で、モヤモヤ、ふつふつ、真黒いものがドロドロ…

新年早々、溢れ出て来た。

ご両親にも言い分があるだろうけど、親に責任はないのか?って聞きたい。


あー、キリがない!

モヤモヤが、ドロドロが溢れてくる!



こんな親、

こんな父親が、

ヒデちゃんの自慢のお父さんなの?



でも、それでも、お父さんに振り向いて欲しかったんだよね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。