どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

孤独で押しつぶされそう。。

お昼間は、ポカポカいいお天気の札幌☀️


気持ちがいい日だったのに、屋内で打ち合わせ。


その打ち合わせ中、父の主治医から電話が…



「胆管がん」


今日は父の検査の日。

父が主治医に、先週、体調が悪く1日動けなかったと言うと、いつもと違う検査。

風邪だと思ってたけど、検査の結果、それは、胆管がんの仕業だった。

黄疸も出てるし、即、もっと詳しい検査を、入院を。


でも、父は、「NO!」


この3連休、詳しい検査も出来ないのに、入院は嫌だと。。。

確かにね〜、私もそう思う。


主治医は、この3連休中に、高熱、倦怠感、尿が出なくなることも…って。

それは心配だから、即入院しようって私が言っても、父は「NO!」


父は、誰の言うことも聞かない。

まぁ、仕方ない…いつものこと。

主治医は、とりあえず薬を出してくれて、連休明けに、再受診の約束。

再受診の後は、紹介状を持って大学病院へ行くことになりそう。


ヒデちゃん、父を連れてかないでね。

連れてくなら、私だよ。

間違わないで。


と、言っても、最悪の状態を想定してみただけ…

はっきりと、宣告を受けたわけじゃない…

無駄な考えは止めよう…

マイナスな事を考えたら、マイナスに引っ張られちゃう。


ねっ、きっと、大丈夫だよね。



今ね、大きな仕事に突入してるから、そっちも気になるの。

半年かかる内容だけど、初めてのことだから、慎重にすすめなきゃね。


今年は、大小あれこれ、仕事が続く。

ありがたい事だけど、孤独で押しつぶされそうになる時がある。

「助けて〜ヒデちゃん」って言いたいけど、私の声は、届いてないよね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。