どこに行ったら逢えるのかな?

死別 彼との思い出日記
ジェットコースターのような時間を共有し、最期は。。。

親友くんの父上が、、、

昨夜、日付が今日に変わる頃、親友くんからLINE。


「夜分遅くにすいません。親父がさっき亡くなりました。」って。


すぐ電話をしたら、「わざわざ電話もらってすいません。」って、意外とへらへら。。。

聞くとね、痴呆があって、肝臓ガンでね、高齢なので手術も出来ずって状況で、ずーっと施設に居たんだってさ。

年末年始は、外泊許可が下りたので、家に一時帰宅。

家族集合したけど、親友くんだけは参加出来ず、札幌。

でも、お姉さんが写メを送って来たり、電話で話したりと家族で楽しい時間をを過ごしたんだって。

で、寝る時間になり、布団に入ってから、「息してない。」って、お母さんが発見。



家族に会えて、息子と電話で話して、自宅で安心したのか、そのまま眠るように逝ったんだって。。

で、親友くんも、「これで良かったですよ」って。

寂しいけど、これで良かったって。。。繰り返してた。自分を納得させるようにね。


親友くんね、お線香立ててこれからお通夜しますって言ってた。



ヒデちゃん、そっちで、親友くんのお父さんの道案内してあげてね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。